\ベトナムに飛ばされた運営者については、こちら!/

2018年9月 持ち株会の投資成績を公開【+338,229円】

ベトナム株

2年程前から勤務先の持ち株制度を利用して、毎月上限いっぱい(8万円/月)まで自社株を買い漁っています。

持ち株制度とは、毎月のお給料から一定の金額を拠出して勤務先、あるいはその親会社の株を買うという社内制度です。この制度を利用すると会社から奨励金が出て、購入金額以上に株を取得することができるというお得なシステムです♪

なんでそんなことしているの?!」「やめなよ!俺なんで1千円しかやってないぜ!」と同僚には言われる始末なのですが、自分の勤める会社の株に全ツッパしているには、こんな理由があるんです。

  • 奨励金で、購入額の15%分の株が追加される(≒買った瞬間に儲けが15%出る)
  • 海外駐在していると、非居住者に該当し投資(株式やFX)ができない
  • ただ日本の口座に預金してても、利息はほんのわずか(年利0.01%)
スポンサーリンク

9月の持ち株会(自社株)の累計投資額と評価損益

  • 評価額: 2,697,149円(対先月+173,833円)
  • 評価損益: +338,229円(同+93,833円)

8月、9月とNY市場にけん引されるように好調だった日本株の影響もあり、好調に評価益を拡大することができました。

ただし、10月現時点では世界同時株安の影響により、やや評価益は縮小傾向に。しかし持ち株会のように、積み立てた時点で+15%の奨励株が付与されるような特典があるので、株価が下落しても比較的安心して持ち続けることができると感じています。

持ち株会の詳しい保有状況

2018年9月時点の持ち株(自社株)の保有状況はこちらとなっています。

  • 合計株数: 1,318株
  • 投資額: 2,358,920円(対先月比 +80,000円
  • 評価額: 2,697,149円(同+173,833円)
  • 評価損益: +338,229円(同+93,833円)

株価は、先月よりも小幅ですがさらに上昇しました♪世界的に株式市場が好調だったことも影響し、評価益も拡大しましたよ7♪

保有株数も多くなってきたので、ちょっと株価が値上がりすると評価益もゴゴゴッと上昇!ちなみに、株価が値下がりしたら毎月の購入株数が増えるので、そんな時は一喜一憂せず、株の仕込み時だと考えています。

やっぱり+15%の奨励金があると損はしにくい

私自身、毎月の給料から天引きで自社株を買いまくるのは非常に抵抗がありました。。。だって、会社の中にいると不景気な話も耳に入ったりしますよね。。

そこで私は下記の方法で自社株買いをすべきかどうか判断した方法を紹介します!

<持ち株制度をすべきか否か判断する方法>

  1. 自分の会社の株価チャートを調べる
  2. 直近2-3年の最高値&最安値を書き出してみる(例:最高値100円/最安値70円)
  3. 最安値と株価に何パーセントの開きがあるか計算(例:株価80円だったら最安値との差は12.5%)
  4. 例の場合、「奨励金が12.5%以上=損しにくい」 「12.5%以下=損することもあるかも

私が勤め先の株価を調べたところ、内需型産業で大きく上がることもなければ、下がることもなく、ここ3年の最安値と株価の差は11%程度でした。なので、「ある程度は大丈夫だろう。売るタイミングで株価が当時と同じであれば奨励金(+15%)分は丸儲けじゃん♪」と考えて持ち株会をスタートしました!

皆さんもお勤め先の会社で「持ち株制度があるかないか」「制度があるならどの程度奨励金(または安く買えるか)」を一度調べてみてはいかがでしょうか?

コメント