\少しでも気になったらプロフィールをチェック/

ホーチミンで二郎系を喰わせる。ラーメンENO(エノ)

ベトナム

ベトナム在住4年目に突入した20代夫婦でホーチミン暮らしブロガーの苔-こけ-(@mossflash2)です!(^^ゞ

ラーメンには目が無い私。

今回、ホーチミンの中心街に二郎系のラーメン屋さんが店を構えたということで、ジロリアンとしてはチェックしないわけにはいきません。

早速、レッツラゴー。ということで行ってきました。

スポンサーリンク

二郎の敷居の高さもインスパイア

こちらが二郎系を出されているというラーメンENO。

「birdie club」というレストランの3階に入っています。

写真右側の木製の扉が入口なんですが、常に閉ざされて、店内も確認できません。

唯一と言っていい、このENO看板を目印にお店にたどり着きましょう。

お店への入り難さもインスパイアされているとは。。

ドアを開けると1・2階は別店舗(カウンター)ですが、臆さず3階へ駆け上がりましょう。

食券機はありつつも、手渡し支払い

iPadのような電子食券機がありました。ただ店長から、

そのままお待ちください!

と一声。おおう。。。現在は手渡しにて前払い会計のようです。

店内は、オーナー1人でのワンオペのようです。

狭いかつ3階で暑いので、汗かきな人はハンカチ必須!

店内はBGMなし。店長の作業する音とラーメンのすする音が流れる緊張した雰囲気。

日本の二郎ほどではないが、ピリリッと引き締まった空気が流れています。

これは本場の二郎系が期待できる!!

無料トッピングはこちら

  • 野菜
  • にんにく
  • からめ
  • ねぎ

実際は、トッピングのお好みを聞かれることなく、

にんにく入れますか?

これだけ。

この取り付く島もない感じ。二郎だ!!

小ラーメン 約600円 12,000ドン

豚2枚がデフォで入ってます。

まずは、スープから。

化調(化学調味料)がバッリチ感じられるウマいスープ!!

まさに、期待を裏切らない二郎系。

野菜はほぼキャベツでした。もやしは無し。

ラーメンの上には、ほぐし豚が添えられていました。

二郎の真髄。極太麺を喰らう。

この麺がホーチミンで喰えるとは。。

まさにオーション麺!これこそ二郎の麺!!

「小」で麺量は150グラムとおっしゃってました。

麺量を聞いたときに、「今日は多めに麺入れてるんで、無理しない範囲で食べてくださいね。」

や、優しいやんけ、オーナー。。

昼のピークも過ぎていたのか、オーナーとお客さんの会話も多めでした。

来店時の注意点

キレッキレの醤油タレと豚骨ベースの微乳化スープにガッツリ豚&野菜。

こんなクオリティの高い二郎系をホーチミンで喰えるとは。

二郎の独特の雰囲気も踏襲して、けっこう気を付けたいポイントが。

  • 店内にティシュ無い為、持参すべし
  • または店頭でウェットティシュを買うべし
  • デフォで野菜多めなので、不安な人は申し出るべし
  • 店内は暑いので、ハンカチ必須!!

こんなところが、らーめんENOで二郎系に挑戦する際の注意点。

独特のルールを踏み外さないように、ラーメンをすする。これも二郎系の楽しみかもしれません。

本日のお店

らーめんENO(エノ)

住所:3F,7A Le Cong Kieu street,Nguyen Tan Binh,District 1,Ho Chi Minh

営業時間:11:00~21:00

定休日:水曜日

コメント

タイトルとURLをコピーしました